ヨークシャテリアがかかりやすい病気

チワワの次に小さいと言われるヨークシャテリアですが、元気いっぱいで毎日の散歩は欠かせません。
また優雅に見せてくれる美しいコートはきちんと手入れが必要で、特に顔の毛は長く伸びると目に入ったり、食事の時についた毛の汚れが皮膚病の原因になる事もあります。

ヨークシャテリアの骨と関節の病気

・膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)
膝のお皿と呼ばれている部分(膝蓋骨)がずれてしまうタイプの脱臼です。
痛みはなく自然に治る場合もありますが、症状が重いと痛みと腫れが生じ、脱臼している側の脚を地面に着けなくなります。
脱臼の仕方により、膝から下が内側や外側に曲がる事も有ります。
原因として多いのは高いところから飛び降りたり、ジャンプなど膝に負担がかかるような外傷の他、先天的なものや、靭帯の位置がずれていたりする事などです。
ごく軽い脱臼であれば経過観察で済みますが、多くの場合手術が必要となります。
遺伝的な要因であれば軽い脱臼であっても、若くて元気なうちに手術をしておいたほうが良いでしょう。
カーペットやコルクマットを敷いて衝撃を吸収させるのも予防の一つです。

ヨークシャテリアの脳の病気

・水頭症
脳が圧迫され、動きや感覚が鈍るなどの神経症状が表れる病気です。
脳のどの部分が圧迫されているかによって現れる症状は異なります。
例えば、脳の表面にある大脳皮質が圧迫されると感覚が鈍くなったり、麻痺したりします。
その他、認知症、行動の異常、視力障害、眼球が動く、過食などが現れ、症状は犬個体によっても様々です。
原因としては脳室を満たす脊髄液が異常に増えると脳を圧迫し、多くは先天的な問題と考えられています。
治療法は薬を用いて、圧力を減らしますが、薬の効果は一時的なため再発する事がよくあります。
外科的手術もありますが、完治は難しい病気です。

ヨークシャテリアの目の病気

・角膜炎
角膜に炎症が起こると失明の危険性もあるので注意が必要です。
炎症が小さいときはほとんど痛みがありませんが、大きくなると激しい痛みを伴います。
前足で目をこすったり、床に目をこすりつけたりします。
また涙や目やにが増え、目の周囲が汚れます。
角膜が傷ついたり、目の周りの毛の刺激などが外傷の原因になる事があります。
また細菌やウィルスにより引き起こることが有ります。
物理的な刺激が原因である場合はそれを取り除き、点眼薬で炎症を抑えます。
数週間から数ヶ月あれば完治するでしょう。
ただし全身性の病気が原因であれば、それぞれの病気の治療が必要となります。


・進行性網膜萎縮症(PRA)
品種改良を行う事で作り上げてしまった遺伝性疾患で4〜5歳頃に発症します。
初期症状は夜間の視力低下から始まり、徐々に明るい所でも視力が落ち、最後は失明に至ってしまいます。
また白内障を併発する事もあり、この病気の治療法は確立されていません。
現在は動物病院の遺伝子検査で調べることができます。
幸い痛みを伴うような病気ではない為、目が見えなくなっても環境に順応できるワンちゃんも多いです。
予防としてはこの病気を持つ犬の遺伝子を繁殖させない事しかありません。

ヨークシャテリアの気管の病気

・気管虚脱
気管がつぶれ呼吸困難になる病気です。
運動した時や興奮した時に、呼吸が苦しくなってゼーゼーとあえぎます。乾いた咳も出ます。
呼吸が荒くなるだけで、咳は出ない事もあります。
呼吸が苦しいので犬は落ち着きが無くなり、しきりに姿勢を変えたりします。
原因としては気管軟骨が強度を保てない事が挙げられます。
気管は簡単にはつぶれないように軟骨で覆われています。
ところが先天的に軟骨の力が弱かったり、気管周囲の筋肉が弱くなったりすると、気管がつぶれてしまいます。
そして空気が通りにくくなり、呼吸も苦しくなります。
他にも肥満や加齢が原因となっていることもあります。
咳を抑える薬や気管支を広げる薬を投薬し対処しますが、一時的な効果が出るだけで再発を繰り返す事もあります。
重症の場合は手術をする事も有りますが、完治は難しいようです。
夏の暑い日に症状が出やすいので、そのような日は涼しい場所で安静に過ごさせる配慮が必要です。

ヨークシャテリアのホルモンの病気

・低血糖症
血液中の糖は活動する為のエネルギーになります。
血糖値が下がり低血糖を起こすと、けいれんや元気がなくなるなどの不調が生じます。
原因は空腹や運動のしすぎ、すい臓の病気のほか、糖尿病でのインスリン治療の効き過ぎなどが挙げられます。
体の小さなチワワは食べる量も少ないため低血糖を起こしやすいと言われています。
遊ぶ時間なども1回10分〜20分程度に控える、遊ぶのは3回までにする、など興奮させないように気をつけましょう。

ヨークシャテリアの消化器の病気

・肝性脳症
本来は肝臓で無毒化されるアンモニアなどの毒物が脳に入りこみ、食欲低下、体重減、嘔吐、多飲多尿などの症状が現れます。
脳神経が侵されると麻痺や痙攣発作、失明、正常に体が動かせないなど、脳の障害を受けた場所に応じて様々な症状が現れます。
小腸で吸収された食べ物の栄養は、門脈という血管を通ってまず肝臓に運ばれます。
ここで体に有毒なものは無毒化され大静脈に送られます。
ところが先天的に門脈が肝臓を通らずに直接大動脈に繋がっているなど、血管のつながりに異常のある場合があります。
すると毒が肝臓で解毒されずに体内に入ります。
特に毒性のあるアンモニアが脳に周ると様々な症状が起こります。
通常は外科的手術を行い、血管の繋がりを正常な形に戻します。
アンモニアは腸内細菌によって発生する為、抗生物質を使用することもあります。