アクサダイレクトペット保険

アクサダイレクトペット保険


ペット保険の選び方

ペットの加入条件をチェック

ペット保険と言ってもどんな動物でも入れるというわけではありません。
保険会社によって犬・猫のみの会社、
または小動物や鳥類、爬虫類まで入れる会社まであります。

また犬・猫でも加入時の年齢によって入れない場合があります。
生後90日〜8歳未満までしか入れない会社、
下限設定なし〜13歳未満まで入れる会社など各社で異なります。
更に継続更新できる上限年齢についても終身まで、11歳までと
会社により差が出てきます。
小動物、鳥類、爬虫類については更に対象年齢が低くなりますので、
早めの比較検討が必要です。

また加入時にワクチン接種の有無、健康状態、現在の病歴・既往歴などもチェック対象になります。
主に悪性腫瘍、糖尿病、 猫免疫不全ウイルス感染症、猫白血病ウイルス感染症などの病気を既に持っていると
ペット保険の加入すること自体が難しくなりますので、各社が提示している病気の確認も必要です。


申請、給付方法をチェック

給付金の申請には大きく分けて2つのタイプがあります。
1つ目はかかった医療費全額を動物病院へ支払った後、ペット保険会社に宛てて領収書を申請書と共に送付し、後日入金されるタイプです。
2つ目は保険証のようなカードがあり、このカードに対応している動物病院であれば窓口に提示するだけで保険金の精算が完了します。
カードに対応していない動物病院で利用すると、1つ目と同様に一旦医療費全額をお支払し、申請、後日入金となります。


補償対象をチェック

保険が適用される診療と、適用外の診療があります。
一般的には去勢・避妊手術、歯石取りなどは適用外になります。
その他にも予防目的の診療費、ワクチン等の予防接種により予防できる病気などは保険の適用外となりますが、
病気治療における去勢・避妊手術などは適用になる場合があります。
また特約として多頭割引や、ペットよる対人事故の損害賠償責任が生じた際の補償等も追加する事ができます。

人間の保険同様、会社もプランも様々ですので、掛け金や給付金のバランスを計算しながら
ご自身のペットに合った保険をお選びください。


ページトップ