ミニチュアダックスがかかりやすい病気

ミニチュアダックスフンドは肢が短く胴が長いその特徴的な体型の為、腰などの関節に大きな負担がかかり、ヘルニアなどの関節疾患にかかりやすいです。
普段から肥満や高い場所からのジャンプを避けるなどの予防が必要です。

ミニチュアダックスフンドの神経の病気

・椎間板ヘルニア
ミニチュアダックスフンドに一番多いと言われる病気です。
背骨の脊髄が圧迫され、足などが麻痺したり、痛んだりする病気です。
足の神経が麻痺して、足がもつれる、歩けないなど、歩行に異常が見られます。
麻痺するのは、後ろ足だけの事もあれば、前足だけ、片足だけなど様々なケースがあり、痛みから触ると嫌がることがあります。
背骨は椎骨(ついこつ)という骨が積み重なって出来ています。
椎骨と椎骨の間に有り、クッションの役目を果たしているのが椎間板と言う軟骨です。
椎間板の異常は激しく動いて背骨に強い圧力がかかったり、老化で骨が弱くなったりする事で起こります。
治療法としては、抗炎症薬を用いて症状を和らげます。
重症の場合は手術を行って圧迫部分を開放します。
その他、犬の鍼治療、お灸などの治療、またオーダーメイドのコルセットを用い、犬を安静にさせることもあります。
コルセットを利用すると、体にフィットし負担が軽減するほか、痛みが減り症状の進行を抑えられ、生活の質を維持する事ができます。
ダックスフンドのように足の短い犬種は、背骨への負担が大きいため、若いうちからヘルニアを起こしやすい傾向にあります。
激しい運動や無理に首を引っ張るような運動はできるだけ避け、肥満にならないように健康管理にも気をつけてあげましょう。

ミニチュアダックスフンドの目の病気

・角膜炎
様々な原因で、角膜に炎症が起きる病気です。
病状が進行すると失明の危険性もあるので注意が必要です。
炎症が小さいときはほとんど痛みがありませんが、大きくなると激しい痛みを伴います。
前足で目をこすったり、床に目をこすりつけたりします。
また涙や目やにが増え、目の周囲が汚れます。
角膜が傷ついたり、目の周りの毛の刺激などが外傷の原因になる事があります。
また細菌やウィルスにより引き起こることが有ります。
物理的な刺激が原因である場合はそれを取り除き、点眼薬で炎症を抑えます。
数週間から数ヶ月あれば完治するでしょう。
ただし全身性の病気が原因であれば、それぞれの病気の治療が必要となります。

・白内障
レンズの役割をしている水晶体が濁り、視力に影響が出る病気を白内障と言います。
水晶体が白濁する為、正面から目を見ると、瞳孔の奥が白く見えます。
原因の多くは老化が原因と考えられていますが、外傷や糖尿病、中毒などが原因の場合もあります。
視力障害が起こしたら飼い主がある程度、行動の不自由さをカバーする必要があり、中でも頭をぶつけたり、高いところから落ちるなど、ケガをさせない様に注意が必要です。
手術する方法もありますが、成功率はあまり高くないのが現状です

ミニチュアダックスフンドのホルモンの病気

・副腎皮質機能亢進症(ふくじんひしつきのうこうしんしょう)
別名クッシング症候群とも呼ばれます。
副腎は、腎臓の上部にある組織です。
副腎から分泌される炎症を抑えるホルモン(糖質コルチコイド)が過剰に分泌される病気を言います。
症状としては多飲多尿が見られ、腹部が膨れます。
また皮膚には弾力が無くなり、乾燥し、特に背中で左右対称の脱毛が起こります。
甲状腺機能低下や糖尿病を併発する恐れがあります。
副腎皮質刺激ホルモンを分泌する下垂体に腫瘍などがあり、副腎皮質ホルモンが過剰に分泌されると言われています。
または副腎自体の腫瘍が原因になったり、他の病気の治療で長期的に副腎皮質ホルモン(ステロイド系抗炎症薬)を使用中の場合にも見られます。
原因に合わせて治療を進めますが、腫瘍が原因の場合は副腎の働きを一時的に弱める薬を用いたり、手術で腫瘍を切除します。
副腎皮質ホルモンの投与が原因の場合は、少しずつ使用量を減らします。ジトップ