アクサダイレクトペット保険

アクサダイレクトペット保険


犬のヘルニアについて

近年、ミニチュアダックスフントなどの胴が長く肢の短い犬種の人気が出てきた事、
またペットフードの充実から餌を与えすぎてしまい、肥満による負荷など、ヘルニアを発症するワンちゃんは急増してきました。
特に椎間板ヘルニアは聞いた事がある方も多いのではないでしょうか?
治療方法には絶対安静と投薬による内科療法と外科的手術があります。
早期発見、早期治療であればヘルニアは完治できるものもあります。
ヘルニアについての症状や治療法、費用や予防法などをご説明いたします。

ヘルニアとは

そもそもヘルニアとは具体的にどの様な病気かご存知でしょうか?
私たち人間と同じく、犬のお腹(腹腔)にも、沢山の臓器があり、その臓器は腹膜という膜に包まれて働いています。
胃や腸を始め、肝臓、膵臓、膀胱などの臓器は毎日休みなく働いています。
心臓や肺がある胸腔であれば、背骨と肋骨に守られていますが、腹腔には守ってもらえる骨がなく、筋肉や筋膜によって背骨から吊り下げられています。
そして呼吸をしたり、食事をすると腹腔に大きな圧力がかかり、腹腔を守る筋肉に「隙間」が出来ると、その隙間から臓器が押し出されてしまいます。
この症状を「ヘルニア」と言います。
ヘルニアには内臓が飛び出してしまった身体の部位により病名が変化し、足の付け根だと「鼠径(そけい)ヘルニア」、おへそ周りだと「臍(さい)ヘルニア」、
肛門周りだと「会陰(えいん)ヘルニア」、またよく皆さんが耳にする「椎間板ヘルニア」は脊髄を圧迫するヘルニアです。
元々の骨格によりヘルニアになりやすい犬種や、加齢と共にヘルニアになりやすい部位が出てきます。



犬の鼠径(そけい)ヘルニアについて

鼠径ヘルニアは足の付け根の隙間から臓器が押し出されている状態です。
本来ならば足の付け根には血管、神経、精巣に繋がる管や子宮を支える靭帯などが通っていますが、
悪化すると小腸や膀胱、子宮などが出てくる事もあります。
原因は先天性によるもの、または事故などの外傷によって後天的に引き起きる場合がありますが、
鼠径ヘルニアに限ると先天性の物が多い様です。

先天的に鼠径ヘルニアにかかりやすい犬種

ミニチュア・ダックスフント、ミニチュア・ピンシャー、チワワ、ポメラニアン、ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリアなどと言われています。
また雌より雄で多く、遺伝はまだ証明されていませんが、親犬が鼠径ヘルニアであると子犬も鼠径ヘルニアである可能性があると言われています。

後天的にかかりやすい場合

事故などによる外傷、活発な性格などによる外傷、筋肉の虚弱、妊娠、肥満、しぶりなどが挙げられます。
後天的にかかりやすいのは雄よりも中年の雌だと言われています。

鼠径ヘルニアの症状

初期症状としては隙間が小さく、指先程度の小さな膨らみ足の付け根に見られます。
指で押すと引っ込む程度の小さな膨らみで、膨らんでいる場所以外は無症状です。
進行していくと膨らみが大きくなったり、隙間が広がりヘルニア内に小腸や膀胱などの臓器が入り込んでしまう場合があります。
小腸をが入り込むと腸閉塞を引き起こしたり、膀胱が入り込んでしまうと排尿が出来ず、日常生活にも支障をきたしてしまいます。
また、押し出された臓器や組織が元に戻らなくなってしまうような症状が出ると、痛みが伴っている場合があります。


鼠径ヘルニアの治療法

鼠径ヘルニアの場合は初期症状場合は経過観察が主になり、経過が悪化すると外科的手術となります。
ヘルニアが押しても戻らなくなったり、急にヘルニアが大きくなったりした場合は早急に手術が必要となりますが、
基本的にはヘルニアの内容が何なのか(通常は脂肪や大網とよばれる膜)、押しても元に戻らなくなったりするかによって手術時期を検討していきます。
また小腸や膀胱などの臓器が出ている場合は早期に手術を行う必要があります。
手術内容としてはヘルニアの中をお腹に戻し、再発しないように隙間を塞ぐ、といった内容になります。

鼠径ヘルニアの手術費用

治療費は地域、動物病院によって異なりますので、一概には言えませんが、
大体避妊、去勢手術代より5,000円程度高く設定している病院が多く、
その他血液検査や入院費を含め35,000〜50,000円位で設定している所が多い様です。

鼠径ヘルニアの予防法

鼠径ヘルニアの場合は予防が難しいと言われています。
強いて言えば、食後はお腹にかかる圧力が高くなるので、激しい運動をしない事、
また散歩中の事故や犬同士の喧嘩に注意をするといった事になります。
何よりも早期発見、早期治療が大切になりますので、毎日のスキンシップを行いながら日々の観察を大切にしていってください。



犬の臍(さい)ヘルニアについて

臍ヘルニアは、先天的に発症する病気で遺伝が大きく影響しています。
出生後、へその部分の腹壁(ふくへき)が閉じず、そこから脂肪や臓器が押し出されいる状態です。
「出べそ」の状態は臍ヘルニアのことを指しています。
先天的に発症している場合は避妊・去勢手術の際に獣医の判断で、腹壁の穴を一緒に縫合する場合があります。
後天的には避妊、去勢手術の際に縫合した箇所が付かずに隙間が出来る場合もあります。

先天的に臍ヘルニアにかかりやすい犬種

エアデールテリア、バセンジー、ペキニーズ、シーズー、アメリカン・コッカー・スパニエル、ビーグル、キャバリア、秋田犬、コリー、
また短毛種などの犬種は遺伝が関与し、2〜3割の確立で先天的に臍ヘルニアにかかりやすいと言われています。
親犬が臍ヘルニアの場合、高い確率で子犬も臍ヘルニアであると言えます。

犬の臍ヘルニアの症状

臍ヘルニアは腹壁に穴が開いている状態になり、その穴から脂肪や臓器が押し出されています。
初期症状としてはお腹の辺りに柔らかいしこりのような物が出来、いわゆる出べその状態になります。
小さいものは胡桃くらい、大きなものになるとリンゴ程の大きさにまで膨らみます。
膨らみが柔らかく、指で押しても戻るようであれば様子を見る事になります。
しかし膨らみが固くなり、押しても戻らないようであるとすぐに病院にいく必要があります。
この場合は梗塞を起こしていたり、腸閉塞になってしまっている場合があります。

犬の臍ヘルニアの治療法

臍ヘルニアは触ってみて、膨らみが柔らかい場合は経過観察になります。
先天性の臍ヘルニアにかかっている子は生後半年から8ヵ月の間くらいまでで自然に治ってしまう場合も多いです。
膨らみが固くなったり、大きくなったり、明らかな変調をきたす場合は早急に外科的手術が必要となります。
手術内容としては腹壁の修復手術を行います。

犬の臍ヘルニアの手術費用

治療費は地域、動物病院によって異なりますので、一概には言えませんが、
内臓に損傷が無ければ30分程度の簡単な手術になります。
避妊、去勢手術と一緒に行う場合は避妊、去勢手術代より10,000円高く設定している所が多い様です。
犬の手術の場合は体重も費用に大きく影響してきます。
入院費、血液検査なども含め大よそ40,000〜100,000円位でおさまるでしょう。
臍ヘルニア単独で手術を行うよりも、避妊、去勢手術を一緒に行ったほうがリーズナブルになる場合も多いです。

犬の臍ヘルニアの予防法

臍ヘルニアの多くが遺伝によるため、予防方法がありません。
しかし、放っておくと腸閉塞などの重い症状を起こすことがあるので、獣医師の指示を仰ぎ、
臍ヘルニアが自然に閉じない場合には、手術を受けた方が良いでしょう。
避妊、去勢手術と一緒に臍ヘルニアの手術を一緒に行うのも1つの手段です。
早期発見、早期治療が大切になりますので、毎日のスキンシップの中で膨らみを触り、固くなっていないか、大きくなっていないか、
また痛みを伴っていないかを確認してください。



犬の会陰(えいん)ヘルニアについて

会陰ヘルニアは、肛門のまわりが膨らみ、脂肪や臓器が押し出されている状態です。
肛門周りの筋肉が加齢と共に筋肉が衰えていき、そこから脂肪や臓器が押し出されている状態です。
特に骨盤まわりは元々ある隙間が大きく、筋肉が弱まってきている、
また加齢により体力が衰えている為手術を行う、行わないの選択肢も重要となります。

会陰ヘルニアになりやすい犬

先天的に発症しやすい犬種というのはありませんが、多くの場合去勢手術をしていない高齢の雄犬が発症します。
高齢でない雌犬や去勢手術をした雄犬で見られる事は滅多にありません。

犬の会陰ヘルニアの症状

大きく2つの症状が現れます。
1つ目は排泄が困難になることです。血便が出ていたり、便秘気味なります。
症状が重たくなればなるほど便秘が進行して、自分で排泄するのが難しくなります。
2つ目は会陰部の腫れです。
排泄時、お腹に力を入れると肛門の周りが膨らんできます。
通常は膨らんだままになってしまうワンちゃんが多くなります。
主に直腸、骨盤内の脂肪、小腸、膀胱、前立腺などが押し出されてしまう事が多くなります。

犬の会陰ヘルニアの治療法

初期症状であれば内科的治療を行う場合もありますが内科的療法では完治する事はありません。
食物繊維や緩下剤など便が出やすい状態にしていきます。
用手により腸から便を掻き出してあげる事もありますが、かなりの痛みとストレスを伴います。
外科的手術を行うと身体的ダメージは大きくなりますが、完治する可能性が大きく再発防止にも繋がります。
というのも会陰ヘルニアは再発率が約30パーセントといわれており、再発しない方法と言うのがまだ確立されていません。
手術内容は病院や獣医師により異なりますが、一般的には@去勢を行い、
A開腹後直腸を真っ直ぐのばして腹壁に固定、B精管を利用して前立腺も頭側に牽引後閉腹、
C最後にお尻の脇を切り、ヘルニアの穴を防ぎます。
加齢をしたワンちゃんが会陰ヘルニアにかかることが多いので、手術をする体力があるかどうかが1番の問題となります。
また去勢をした場合は術後の体重ケアなど飼い主の負担が大きくなります。

犬の会陰ヘルニアの手術費用

会陰ヘルニアの場合片側のみか、両側なのかにより費用が異なります。
治療費は地域、動物病院によって異なりますので、一概には言えませんが、
片側のみですと検査費、入院費、手術代を含め6〜7万円で設定している病院が多い様です。
両側になると、全て含め9〜10万円ほどかかり、手術と一緒に去勢を行う事も多くなります。

犬の会陰ヘルニアの予防法

会陰ヘルニアは去勢済みの雄犬に見られる事が少ないことから、去勢手術が1番の予防と考えられています。
また去勢手術を行う事で前立腺肥大を予防する事ができます。
何よりも会陰ヘルニアはワンちゃんが非常に苦しむ病気と言われています。
事前に予防してあげる意味でも、若くて健康なうちに去勢手術をしてあげましょう。



犬の椎間板(ついかんばん)ヘルニアについて

椎間板ヘルニアは、激しい運動や衝撃や肥満、骨の老化等により、椎間板への負担が大きくなり損傷する状態です。
椎間板が損傷すると、クッションの役割が無くなってしまい、脊髄や脊髄から出る神経を圧迫し痛みや麻痺を引き起こします。
初期症状を見逃してしまい、重症になってしまうと最悪の場合車椅子になってしまうので早期の発見が大切です。

椎間板ヘルニアになりやすい犬

椎間板ヘルニアは特にダックスフント、コッカースパニエル、ペキニーズ、シーズー、柴犬、パグ、ビーグル、プードル、
ヨークシャー・テリア、コーギー、ボクサーなどがなりやすいと言われています。
これ以外の犬種でも、加齢や激しい運動、遺伝など様々な要因で椎間板ヘルニアになる事があります。
また加齢により発症する事もありますが、1歳〜8歳くらいまでの若年期でも起こりうる病気だと考えた方が良いでしょう。

犬の椎間板ヘルニアの症状

椎間板ヘルニアはタイプ1型とタイプ2型に分けられます。
簡単に言うとタイプ1型は急性的で軟骨の変性により起こり、タイプ2型は慢性的で綿維の変性により起こります。
また症状により5つのグレードに分けられます。

・グレードT
痛みを伴います。麻痺はありませんが、脊椎(背骨)に痛みを感じ、じっとする時間が長くなります。
排尿は自分で出来ますが、階段の上り下りが出来なくなったり、抱っこすると痛みを訴えて鳴くことがあります。
・グレードU
麻痺まではいきませんが、思い通りに動かせなくなります。
歩行も出来ますが後ろ足の力が弱くなり、腰がふらふらしたり後ろ足がすり足になってきます。
排尿も自分で可能です。
・グレードV
麻痺してしまい全く動かせなくなってしまいます。後ろ足は引きずり前足だけで歩きます。
自分の意思で排尿を行う事が出来ます。皮膚のような浅い場所での痛みが感じられなくなってきます。
・グレードW
自分の意志で排尿が出来なくなります。おしっこは垂れ流しのような状態になります。
・グレードX
深部痛覚までなくなり足の骨などをペンチでつねっても痛みがありません。
グレードXまで進行してしまうと内科的療法では回復率は5パーセント以下、
外科的手術でも60パーセントまでしか回復しません。


○犬の椎間板ヘルニアの治療法
通常歩ける場合は内科的療法を行っていき、グレードV以上に進行してしまったら外科的手術を行う病院が多いです。

・内科的療法
内科的療法では4〜6週間のゲージレストによる長期的な安静期間を持つ事が絶対になります。
主な治療法としては内服、レーザー、鍼、お灸、ストレッチ、ハイドロセラピー(温水プールで泳ぐ)などがあげられます。
メリットとしては手術を行わないため、身体的リスクが少ないという点ですが、デメリットとしては長期間のゲージレスト、
回復率が低く運動制限があること、リハビリにより脊髄に再ダメージを負うリスクがある点です。

・外科的手術
外科的療法では原因となっている椎間板の位置を発見する事が重要になり、手術前の検査が最も大切になります。
少し出費がかさんでしまうかもしれませんが、CT、MRIなどで正確な場所を特定して手術を行います。
CTやMRIが利用できない場合には脊髄造影も有効となります。
手術を行うメリットとしては回復率が高く早い事、それにより早い時期からリハビリが可能である事、
内科的治療と異なり運動制限がかからない事があげられます。
デメリットとしては手術により身体的ダメージとリスクを負うという点です。

また内科的療法を行うか、外科的手術を行うかで回復率が異なりますので、参考材料にすると良いでしょう。

内科的療法での回復率  外科的手術での回復率
グレードT 90パーセント 90パーセント
グレードU 85パーセント 95パーセント
グレードV 85パーセント 90パーセント
グレードW 80パーセント 90パーセント
グレードX 5パーセント以下 60パーセント


○犬の椎間板ヘルニアの手術費用
治療費は地域、動物病院によって異なりますので、一概には言えませんが、
犬の椎間板ヘルニアの手術を行うと約20〜35万円で設定している病院が多い様です。
また症状が重かったり、入院期間が長くなってしまいそれ以上かかる場合もあります。
手術代にはCT・レントゲン検査料、手術費用、麻酔代、入院費などが含まれています。

また全ての獣医が椎間板ヘルニアの手術を行えるわけではありません。
動物病院によっては他の病院に紹介状を書いてもらい、そこで手術を受ける場合もあります。
その際自宅から遠くなり交通費がかかる事もあります。
その他、手術前・後の通院も含めると50万近くかかると恐れがあるという事を頭に入れおきましょう。

また内科的療法や手術でも完治出来ず、やむを得ずワンちゃんが車椅子になってしまった場合、
車椅子費用は6〜10万円が相場と言われています。


○犬の椎間板ヘルニアの予防法
椎間板ヘルニアは先天的に発症してしまう場合がありますが、
基本的には立たせたり、腰に負荷がかかる無理な運動をさせない、そして肥満にならないことが大切です。
また交通事故などにあわないように散歩中や普段のしつけをきちんと行いましょう。
椎間板ヘルニアも早期発見早期治療を行えば完治する事ができます。
大切なワンちゃんを守るために、腰に異変を感じていたら、安静にさせてすぐにでも動物病院に連れて行きましょう。

▲ページトップ