アメリカンショートヘアがかかりやすい病気

アメリカンショートヘアは明るく冒険好きな性格でありながら、穏やかで知的な一面も持ち合わせています。丈夫で病気になりにくいアメショーですが、太りやすい体質なので注意が必要です。

アメショーのホルモンの病気

・糖尿病
体を動かす為のエネルギーは食餌からとる糖です。
膵臓が分泌するインスリンというホルモンは、糖をエネルギーとして利用する働きをしています。
糖尿病はインスリンの分泌量が減ったり、インスリンの働きが低下したりして、糖を充分に利用できなくなる病気です。
大量の水を飲み、大量の尿を排出します。
尿を出すと、体内のたんぱく質も減り、犬は食餌で補おうと食欲が増します。
しかしインスリン不足で栄養を充分体内に取り入れられず、かえって痩せていきます。
血液を調べると血糖値(血中の糖分)があがり、血液中に増えた糖は尿中にも排出されます。
進行すると血液中のケトン体という有害な物質が増加し、これを糖尿病性ケトアシドーシスといいます。
下痢や嘔吐などが見られ、ひどい場合はこん睡状態に陥る事もあります。
インスリンは膵臓のβ細胞から分泌されますが、糖尿病にかかるとこのβ細胞が壊されてしまい、インスリンの分泌が不足してしまいます。
多くは先天的な要因が基礎にあり、肥満や感染症、妊娠、ストレスなどが加わって発症すると考えられます。
治療法はインスリンが不足しているので補う為に、獣医師の指導の下、飼い主が毎日インスリンの注射を行います。
同時に理想体重に見合ったエネルギー量の食餌を決まった時間に与えます。
低血糖に対する注意も必要です。


アメショーの皮膚の病気

・脂漏性(しろうせい)皮膚炎
皮膚の角質化が極端にすすんだり、皮脂腺から過剰に脂が出たりして起こる、完治しにくい慢性の皮膚病です。
被毛が脂っぽくなってべたついた感じになります。体臭が強くなり、フケが落ちたりします。
また反対に皮膚がかさつく場合もあり、毛艶が悪くなります。
専用のシャンプーで薬浴したり、低脂質食を与えたりして症状を抑えますが、完治は難しいです。
外耳炎の原因にもなりやすく、注意が必要です。

アメショーの泌尿器の病気

・急性腎不全
数時間から数日のうちに腎臓の働きが急激に悪化して、機能が果たせなくなった状態です。
嘔吐や下痢、脱水症状を起こします。
進行すると尿毒症を起こし、痙攣を起こしたり昏睡状態に陥ったりする事もあります。
腎臓自体の病気によって急性に機能が低下したり、尿管結石で尿が出なくなる事が原因になる事もあります。
治療法として体内のミネラルバランスが崩れているので、輸液を行ってバランスを整えます。
食欲がなくなるため、栄養補給も行い、重症の場合は人工透析を行う事もあります。

アメショーの循環器の病気

・心筋症
原因不明な心臓の疾患を心筋症といい、猫に多く見られるのは心筋壁の肥厚が見られる肥大型心筋症です。
心筋症では呼吸が速く荒くなり、食欲不振、そして起き上がれなくなり、突然呼吸困難により心停止してしまう場合もあります。
多くの場合は心臓に血栓が出来てしまい、血栓が動脈に流れ出すと、末端の動脈で詰まってしまいます。
心筋症の場合、迅速な診察、治療が必要で、少しの遅れが命取りになります。
検査は胸部のレントゲン写真胸部の超音波検査、心電図、血液検査などを行いますが、症状が悪化している場合は検査も困難になり、検査にも時間がかかってしまうため、呼吸が荒いと感じたらすぐに病院に連れて行きましょう。
特に猫は普段口を開けて呼吸する事はありません。口呼吸をしたら何か病気を疑いましょう。
心筋症を発症したら絶対安静で、呼吸困難を起こしている場合は酸素吸入を行います。
血栓が動脈に詰まっている場合は、投薬によって血栓を除去します。
足などにできた血栓を外科的手術によって除去する方法もありますが、まずは内科的に全身状態の回復に努める事を優先されます。
治療をきちんと行っていて、元気を回復していても症状が突然悪化し、亡くなることも多い病気です。
きちんと病気を理解し、定期的な診察を受けることが最も大切になります。
そして少しでも異変を感じたらすぐに動物病院に連れて行きましょう。

アメショーの肥満

アメショーは肥満になりやすいと言われており、欲しがるだけ食事を与えているとすぐに肥満になってしまいます。
肥満は食餌で得られるカロリーと、消費カロリーのバランスが崩れる事で起こります。
多いのは飼い主の間違った食餌管理です。
室内飼いのねこちゃんなどもともと必要カロリーの低いねこちゃんに間食を増やしたり、フードを変えて与えているうちに必要カロリーを超えて太らせてしまう事も有ります。
また、1歳を過ぎているのに子猫用のフードを与え続けてもカロリーオーバーになります。
必要カロリーがわからない場合は、獣医師に相談してみると良いでしょう。
その他、加齢や虚勢・避妊手術によって運動量が減ったり、不活発になったりすることがあります。
またホルモンバランスが崩れ食欲旺盛になることもあります。
まるまると太ったねこちゃんも可愛いですが、ねこが1キロ増えると人間の10キロ増える事に値すると言われています。
また体が大きくなる分、心臓に負担がかかり、心臓の病気にもなりやすくなります。
さらに何かの病気で手術を受けるときも、麻酔が効きにくくなり、体の負担が増えたり、脂肪が邪魔で手術がし辛くなることもあります。
肥満によって病気のリスクを高め、治療の妨げになることがあるのです。
正しい食事量と毎日の軽量でねこちゃんの健康を維持してあげましょう。
ページトップ